コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL): http://www.reason-k.com/

1行紹介

大阪在住、はたらく人の健康を守るお手伝い

自己紹介文

中川恵子
ライティングでリハビリテーション
【資格】 作業管理士、理学療法士、整理収納アドバイザー

REASON代表。現在は、訪問リハビリを担当。
金沢大学医療技術短期大学卒業後、理学療法士として病院、、老人保健施設、通所リハビリテーション、老人ホームと、20年ほどで2000人の方のリハビリに携わる。2010年に特定非営利活動法人・一般社団法人 整理収納アドバイザー1級の資格を取得し、2011年にREASONを立ち上げ、2013年から、NPO法人 暮らしデザイン研究所外部委託講師として高齢者に特化した講師として登壇。6年間訪問リハビリを担当した利用者様の家がだんだん荒れ始め、チラシを踏むようになり、介護の分野でも整理収納の必要性を痛感。理学療法士の知識と経験を生かし、高齢者の住環境、医療福祉施設の職場環境の改善を腰痛予防、転倒予防、介護予防の視点から講師業を展開している。2016年、作業管理士取得


◆執筆

◇TVホスピタル
「突然の病気や入院にそなえる、整理収納術」
第1回 もしも家族が緊急で入院したら、必要なモノを準備できますか?
第2回 緊急入院時の備えかた
第3回 家族の負担を減らす入院便利グッズ

◇月刊 労施協 「職員のモチベーションを高める 5S活動で介護現場を徹底改造!」 連載中

第1回(2016.6月号) 介護現場での腰痛を予防
第2回(2016.9月号) モノの見える化”により職員の負担減
第3回(2016.12月号) 安心・清潔な居住環境で転倒を予防

◇三輪書店 【月刊】 地域リハビリテーション 8巻 1から4号
巻頭カラー連載 「発達障害児の在宅生活を支える整理収納術」。

第一回 「在宅での整理収納とは?」
第二回 「しているADLとできるADLが一致するためのコツ 」
第三回 「問題行動が減少する整理収納のコツ」
第四回 「介護者負担が減る整理のポイント」


◆その他
2016年 整理収納フェスティバル シンプルスタイル大賞 コンテンツ部門 特別賞受賞